あつめてみたら
  • 2012/07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2012/09

あつめてみたらの「その15」のご紹介です。

2012年08月07日 (火) 20:52 |
前回は書本&cafe magellanの高熊洋平さんから「S(エス)」 さんをご
紹介して頂きました。そしてバトンは、WEBやデザインの製作をしている
川村智美さんへ回りました!今回、川村さんにご紹介していただくオスス
メのお店は、「ヴォリュームワン」というお店です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴォリュームワンのこと

出会いは卸町にあるせんだい演劇工房10-BOXでした。多賀城にあるパン
屋さん「Mickey」のサンドウィッチを差し入れしてくださって、フライ
ヤーやDMがあったらどうぞ持って来て下さい。とご案内いただいたのが
始まりです。



殺風景なビルの階段を上ってお店に行くと入口前に演劇やギャラリーや
ライヴのフライヤーがところ狭しと並んでいます。中に入ると広々とした
店内には音楽好きにはたまらないレコード、CDのほか本まであり、各所
財布のひもを緩ませる罠(ラインナップ)があります。



店長の鈴木さんとお会いするときはいつもやわらかな笑顔です。今日は
「おもしろい本棚とはなんぞや」とお話ししました。掘り出し物があり
そうな古本コーナーの一角には、素敵女子なラインナップも。



東北の作家の本や東北のインディーズバンドや音楽家のCDも積極的に取
り扱っています。東北の劇作家による戯曲本を置きたいなぁとも。鈴木
さんは地元の作家やアーティストにとても熱心なのです。地元野菜を置く
八百屋のおやじのようだと思えてきました。



CD棚の上ではレコードジャケット展をしています。イラストレーターに
よる世界に一つしかないジャケット。真っ白いジャケットをお渡しして
描いていただいているそうですが、真っ白いジャケットという存在があ
るのを初めて知りました。

ジャケットをきれいに保存しておきたい方のためにあるそうです。

なるほど。

ジャケットまでが音楽ならば、今展示されているジャケットの音楽はどう
いう音楽だろうと妄想すると楽しいです。

ちなみに、ジャケット展には私も参加することになりました。

筆を持ってどういう音楽をつくるか、どういうバンドでいくかもわもわ考
えています。お楽しみに。


ヴォリュームワン

〒980-0021
仙台市青葉区一番町2丁目7-5 飯田ビル2F
月〜金:午前11時30分〜午後7時
土 ・日・ 祝日: 午前11時30分〜 午後7時
TEL:022-712-3595
FAX:022-712-3596
http://www.wonderbox.co.jp/vol.1/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと

川村智美と申します。小売酒屋OL→いろんな仕事をしながら演劇祭の制作
せんだい演劇工房10-BOXを一年務めたあと現在はARC>T
http://www.arct.jp)というNPOの事務局で主にWEB制作やデザインを
担当しています。時々、しろくま事務所と名乗って、フライヤー制作やロ
ゴデザインをすることもあります。2002年からメモのように家の記録を
撮り始め、不定期にフォトエッセー(http://to-leoht.blogspot.com/
を更新。まぶたのうらで見る情景をメモしながら、日日の栞として写真を
撮っています。

HP:http://to-leoht.blogspot.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

北野央さん。学生の頃からhokusui(http://hokusui.org/)というユニッ
トでこどもワークショップをしたり、絵本バンクをいう絵本の交換会の
企画など、さまざまな活動をされています。つれづれ団にも所属してお
り、震災後の彼の働きはつれづれ団の防災担当といってもいいかもしれ
ない。(なんて勝手に思ってます。)

HP:http://hokusui.org/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第15回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
ヴォリュームワンさんは、確か僕が仙台に来る以前からあるレコード屋
さんで僕も何度も足を運びました。現在はサンモール一番町入り口に移
り、更に足を運びやすくなりましたね。川村さんの「八百屋のおやじの
よう」という言葉は、確かにそうだなぁと頷きました。レコードジャケ
ット展も気になります。川村さんは何を描くのでしょう?ぜひ見に行こ
うと思います。

さて、バトンは北野央さんへ回りました。次回はどんなお店が紹介され
るでしょうか!とても楽しみですね!
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.