あつめてみたら
  • 2017/10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/12

心の学校。 〜その10〜

2010年07月11日 (日) 10:54 |
あつめてみたらの「その10」のご紹介です!

前回は、木のしごと 樹々の齋藤さんから「 clochette 」さんをご紹介し
て頂きました。そしてバトンは、「JAM+ZAKKA 柚子香」の古賀さんへ
回りました!今回ご紹介していただく、オススメのお店は「カフェ 理科
室のオルガン」というお店です。増築工事も無事に完了されたそうです
ね。僕も何度か遊びに行かせて頂きましたが、素敵な外観内観と共に、
スタッフの方の気持ちのこもった接客が雰囲気を作る「優しいお店」と
いう印象。古賀さんのご紹介を見て、また遊びに行きたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カフェ 理科室のオルガンさんのこと



2009年9月にオープンした「カフェ理科室のオルガン」さん。
人づてに評判を聞いていて、ある日訪ねた一軒家の小さなカフェ。
その珍しい名前の由来を伺いました。
幼い頃、学校へ通うのが嫌いでした、と語るオーナーさん。
もちろん、「理科」も「音楽」も苦手。
そんな理由から、「カフェを心の学校にしたい」という想いで始め
られたそうです。



店内には、温かみのある古道具や「理科」と「音楽」にちなんだ
小物たちが、心地良く並ん でいます。
温故知新、そんな気持ちを想い起こさせるディスプレイです。
テーブルの上には、オーナーさんが摘んだ小さな草花。
心安らげる席が、いつもここには在ります。



懐かしさと、いつも変わらない美味しさの「復刻版チキンライス」。
素材の一つ一つに愛情を感じる、母の味。
丁寧に作られたチキンライスは、すっかり私の定番となりました。
 
帰り掛けに、テイクアウト用の「シナモンロールスコーン」を買うのも
楽しみ。お腹も心も満たされて、笑顔でカフェを後にするのでした。


カフェ理科室のオルガン

※現在は閉店しており、営業しておりません。予めご了承下さい。
この記事はアーカイブの意味も含め継続して掲載致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



兎と月と草花をこよなく愛するジャム屋。
硝子越しの色、果物の香りが好きでコトコト煮る日々。
お店を持たずに、委託販売とイベントを中心に活動中です。
 
JAM+ZAKKA 柚子香
電話 080-1833-4210

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

「雑貨・手紙洋品店 yutorico.」の店主、高橋智美さん。
私もお世話になっている、お気に入りのお店です。
紙もの作家でもある彼女の作品は、デザインセンスにいつも惚れ惚れ。
ゆったりとした空間に、気持ち良く並んでいる雑貨たち。
いつも時間を忘れて、つい長居をしてしまいます。
 
雑貨・手紙洋品店 yutorico.
http://yutorico.sakura.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第10回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
カフェを心の学校にしたい。そういう想いがあったのですね。古賀さん
はカフェ理科室のオルガンさんの話しをするときはいつも笑顔になるの
です。とても素敵な関係だなと思いました。

僕が店内で気になったのは古いオルガン。とても雰囲気があります。
今にも鳴りそうなそのオルガン。今は鳴る事はないそうですが、温かな
存在でお店に馴染んでいます。気持ちが良いんですね。先にも書きまし
たが、少しお店が広くなるそう。僕にとっても、もちろん皆さんに
とっても楽しみですよね。

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンは「雑貨・手紙洋品店 yutorico.」の店主、高橋さんへ
回りました!次回はどんな素敵な仙台が紹介されるでしょうか!とても
楽しみですね!

幸せの匂いがするお店。 〜その9〜

2010年06月01日 (火) 08:12 |
あつめてみたらの「その9」のご紹介です!

前回は、由利設計工房の由利さんから「 ista 」さんをご紹介して頂き
ました。そしてバトンは、「木のしごと 樹々」の齋藤さんへ回りまし
た!今回ご紹介していただく、オススメのお店は「 clochette(クロ
シェット)」というお店です。パンって本当に魅力的で、沢山の種類の
パンを見るとつい笑顔がこぼれてしまいます。齋藤さんを虜にしてしま
うclochetteさん、とても気になりますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

clochette さんのこと



「パン屋さんは幸せの匂い」
いつか友人が言っていた。

両親の住む北仙台に小さなパン屋さんがある。
それがclochetteさん。
2年前、息子を出産後、しばらく両親の家でお世話になっていた頃、
母はパン好きな私のためにclochetteさんのパンをいつも買ってきて
くれた。今では遊びに行く度に、母は私とすっかりパン好きになった
孫を連れてclochetteさんへ行く。それは私にとって楽しみなイベント。



店内は配置がよく考えられており、パンのバリエーションも豊富で、
ジャムや牛乳などの飲み物、クッキー、マドレーヌが並んでいる。
忘れてはいけない。「ふきながし」もあった。

棚においてあるパンを、今にもむんずとつかんでしまいそうな息子の
監視は母に任せて、ぐるぐるとパンを見回す。



コクのあるしっかりした角食
あっさり軽やかな山型パン
むっちりとしたベーグル
ほんのりと苦味を感じるくらいに香ばしく焼かれたクロワッサン
サンドにしたい天然酵母のシャンパーニュ
幼い頃にあこがれたふわふわの白いパン
噛み締めるたびに美味しいバケット
塩味のきいたオリーブがはいっているのはワインによく合うだろう
ああ、甘いクリームがのったシナモンロールも
いや、豆がたくさんはいったこちらも…

可笑しいくらい迷いながらひとつひとつトレーにのせる。

ある時、パンを食べながらぼんやりと考えた。
なぜ、いつもclochetteさんのパンを食べたくなるのかと。
そして、思った。
「素直」なんだと。「ほどよい」のだと。
素材に対するほどよい塩気、甘み、スパイス、大きさ。
たくさんの種類のパン。
そのどれもがほどよくて素直に美味しい。

次々に焼き上がるパン。
途切れなく訪れる人。

パンを手に、店を後にする人の顔には、ほんのりと柔らかい笑みが
浮かぶ。

その姿を見ていつも思う。

「パン屋さんは幸せの匂い」


clochette(クロシェット)
住所:仙台市青葉区昭和町3−38 金澤ビル1F
電話:022−276−0403
営業時間:7:30〜18:30(パンがなくなり次第終了)
休み:日・祝日・第3月曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



使い手に寄り添うシンプルで美しい無垢の木の家具をお作りして
います。展示会やイベントでは、スプーンやボタン、お皿など、
木の小物をご紹介することもあります。

家具の作り手はサイトウヒデキ、HP更新や文章作成はサイトウアイ。

木のしごと 樹々
http://www.k5.dion.ne.jp/~ju-ju

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

ジャム屋「柚子香」を営む古賀さん。
柚子香さんの様々な種類のジャムを並べると、なんともきれいで、
つい飾っておきたくなります。そして、その優しい味わいにほっと
癒されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第9回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
樹々の齋藤さんが言う、「素直」で「ほどよい」という言葉。とても
印象的でした。「特別」ではなく「普段」のようなパン。とても暖かさ
と優しさが感じられますね。このようなパン屋さんがご近所の北仙台に
あったなんて!本当に、まだまだ知らない素敵なお店があるんです
ね〜。今度是非、伺ってみますね!教えて頂きありがとうございます!

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンはジャム屋「柚子香」を営む古賀さんへ回りました!
次回はどんな素敵な仙台が紹介されるでしょうか!とても楽しみですね!

広瀬川ボートくらぶさん

2010年05月14日 (金) 08:09 |


以前、stained glass Gingaの高橋さんからご紹介頂きました、広瀬川ボート
くらぶさん
の2010年の営業がスタートとなりました。営業時間・定休日が
変更になったようですのでご連絡です。

広瀬川ボートくらぶ
仙台市若林区河原町1-6-1〈(株)サトー技建内〉
10:00~17:00(月曜定休、祝祭日の場合は翌日休み) 45分で500円
(一艇、定員3名)

tel 022-262-3535
※天候により臨時休業の時もありますので、詳細はHPにてご確認下さい。
HP : http://hirosegawa.jp/index.html

だんだん暖かくなってきましたし、晴天の下のボートなんて気持ちが良い
でしょうね〜。想像しただけでウキウキします!是非、皆さんもお散歩
がてらに、広瀬川ボートくらぶさんをご利用してみてくださいね。

土地に馴染む、美容室。 〜その8〜

2010年04月17日 (土) 15:35 |
あつめてみたらの「その8」のご紹介です!

前回は、庭音tei-neの梅原さんから「光原社」さんをご紹介して頂きま
した。そしてバトンは、「由利設計工房」の由利さんへ回りました!
今回ご紹介していただく、オススメのお店は「 ista 」というお店です。
由利さんが設計したこのista。新築だけど、その土地に馴染んでしまう
その建物に、暖かさと、和やかさを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ista さんのこと



1年半ほど前、根白石に昔の民家を思わせる住宅を設計しました。
その住宅に併設される美容室が今回紹介するお店、istaです。
奥様はこの住まいを建てるのを機に、それまで勤めていた美容室をやめ、
この自然豊かな土地にお店を開くことにしたのです。そのお店の名前を
決める際に相談され、提案したのがista(いすた)でした。『いすた』
というのは仙台の方言で『いましたよ』という意味。この地域で新しく
お店を開き、ここにいますからいつでも来てくださいねという意味を
込めています。

お店の中には奥様の大好きな古いものたちがセンス良く並び、木組みの
建物にしっくり馴染んでお客を迎え入れてくれます。



ここに来る人は日常の雑踏を離れ、この里山に抱かれたお店で髪を切り、
清々しい気持ちでまた日常へ帰っていく。それはほんの少しの時間かも
しれないが、気持ちをリセットできる貴重な時間なのだと思う。長屋門
のようなアプローチにはオリジナルの暖簾が掛けられ、お店の佇まいを
演出しています。泉ヶ岳から吹き下ろす風に今日も暖簾が揺れるのでした。

ista
仙台市泉区根白石字山神47-22
022-379-0570
090-4313-6969(小山)
9:00〜18:00
おやすみ 不定休

電話で予約をしていただくと確実です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと

  

地域の素材にこだわった家づくりをお手伝いしています。
身近にたくさんの素敵な素材がある。
素晴らしい技術を持った職人さんがいる。
一生住むかもしれない大切な住まい。
つくり手や住まい手のそれぞれの顔が見える、
そしてその土地の風土に合った家づくりを目指しています。

由利設計工房
http://www003.upp.so-net.ne.jp/yuri/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

無垢の木で家具を作っている『木のしごと 樹々』の齋藤さん。
1年ほど前に一緒に展示会をさせていただきました。
実際に手を動かして物を作り上げる仕事は素敵だなぁと思います。
いろんな種類の木々たちと会話しながら出来あがった家具は、
ずっと眺めていても飽きない素敵な表情をしています。

木のしごと 樹々 http://www.k5.dion.ne.jp/~ju-ju/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第8回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
「建築」という言葉に何か無機質で冷たさを感じていたのですが、
由利さんの建てる家には、生活が中心となっていて、暖かみがあり、
施主さんが積極的に家づくりに参加出来る。建てる側にとって本当に
理想的で住みやすい家なんだろうなーと思いました。

時代の流れをしっかり見つめることが出来ているからこそ、「地域の
素材にこだわった家づくり」という姿勢になったんでしょうね。その
視線は流されていることなく、決してブレていない。僕も ista を拝見
してみたくなりました。

そして、バトンは「木のしごと 樹々」の齋藤さんへ回りました!
次回はどんな素敵な仙台が紹介されるでしょうか!とても楽しみですね!

仙台にある、イーハトーブ。 〜その7〜

2010年03月25日 (木) 23:01 |
あつめてみたらの「その7」のご紹介です!

前回は、北欧雑貨のビヨルクの菅野さんが「えくぼや」さんをご紹介して
下さいました。そしてバトンは、「庭音tei-ne」の梅原さんへ回りました!
今回ご紹介していただく、オススメのお店は「光原社」というお店です。
民藝品だけではなく、季節の行事にまつわる展示もとても素敵で、体内
時計を直してもらえる様な、優しくも力強い場所だなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台 光原社さんのこと

宮沢賢治の「注文の多い料理店」を発行されたことで有名な
光原社さん。 岩手県盛岡の本店をはじめ、盛岡にはたくさんの
お店がありますが、仙台にも「仙台 光原社」と「せんだーど」
の2店舗があります。

今回ご紹介するのは五橋通り沿いにある蔦が絡まる趣のある
建て物の仙台 光原社さん。



1階には丁寧に編まれた竹かご製品や様々な地方で作陶された
器や漆器、柳宗理のカトラリーなどが展示されており2階には
民藝家具や染め物などが数多く展示されています。



主に国内の品物が多く、熟練の職人さんや作家さんによる
ひとつひとつ丁寧に作られた、一生と言ってもいいくらい
長く使っていけるモノが多くどれを取っても手仕事の素晴
らしさに感動します。



定期的に作家さんによる企画展が行われています。素敵な
作品との出逢いにどうぞお出かけください。作品について
お店の方がとても丁寧に説明してくださいます。県外の
方へのお土産に喜ばれる「くるみクッキー」もお薦めです。


仙台 光原社
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町一丁目4-10
TEL 022-223-6674 / FAX 022-222-9626
営業時間 10 :00 〜18:30(1月,2月、3月上旬は18:00閉店)
毎月15日定休(土曜、日曜祝日の場合は営業)
http://www33.ocn.ne.jp/~kogensya/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



自宅の庭に小さな小屋を作って手仕事の店
庭音tei-neを営んでいます
木・金・土のみの営業ですが
不定期でイベントなども行っています
http://tei-ne.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

由利設計工房さん

できるだけ地元の木・土・紙・石を中心に、そして大工さんや左官屋さん
など日本の技術を継承し、職人さんの手仕事によって作られる住み心地の
いい家づくりに励まれている設計士の由利さんです。
設計のみにとどまらず、家のリフォームや住まいの相談などとても気さく
に相談に乗ってくださる心強い味方です。

由利設計工房 http://www003.upp.so-net.ne.jp/yuri/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第7回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
改めて光原社さんと宮沢賢治さんの関係に驚きましたし、この光原社
さんが仙台にあるという事がとても嬉しい事だなと思います。ちなみに、
盛岡にある「モーリオ」、仙台にある「せんだーど」はエスペラント語
だそうで、宮沢賢治さんがこのエスペラント語を学んでいた事から名前
が付いたそうですよ。

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンは「由利設計工房」の由利さんへ回りましたー。
次回はどんなお店が紹介されるでしょうか!とても楽しみですね!
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.