あつめてみたら
  • 2017/05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/07

「奈良からの便り」

2010年09月04日 (土) 09:51 |


まだまだ残暑が厳しいですが、みなさまお元気ですか?

前回の記事でも書きましたが、仙台を中心に素敵をあつめてきました
「あつめてみたら」にお便りのようなコラムがスタートします。今日は
奈良からお便りが届きました。

奈良と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?なーんて考えながら読ん
でみるのも楽しいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あつめてみた奈良。」

奈良よりはじめまして。KBKです。
近場からちょっと遠出まで、街歩きが好きです。
2年ほど東京に暮らしていたので年に数回行くのですが、せっかくだか
ら…と、事前に雑誌やネットでリサーチしています。すると、東京出身
の友だちから「知らなかった。ほんとよく知ってるね!」と言われます。
この台詞、奈良好きな県外の方に出会ったなら、私も言ってしまうで
しょう、「知らんかったわぁ。めっちゃ知ってはるやん!」って。



意外と地元って知らなかったりするもの。今回、このような機会に恵ま
れ、改めて思い知らされました。だけど、そういう情報網にはあまり
引っかからない部分、例えば目的地への意外な近道だったり、地元客が
集う普通の喫茶店だったり・・・地元の利、とでも言うのでしょうか、
そこに図らずも触れたとき、街歩きの醍醐味があるように思います。
でも、初めて奈良に訪れる方には、いわゆる「ベタな観光」も体験して
いただきたいところ!まずは、その時にちょっとだけお役に立ちそうな
情報を。

・「カナカナ
 は開店と同時だと、さほど並ばず入れると思います。カナカナごはん
 が人気ですがさらさら系の辛いカレーとえびが好きな方には「えび
 カレー」、ご賞味あれ!

・「くるみの木
 は『金・土・日は晩ごはん』を事前予約して行けばさほど並ばずに
 入れると思います。でも本当は、シルバーウィークをはずして訪れて
 いただきたいです。(それでもランチは行列です)

・秋も残暑が厳しい予報なので、平城遷都1300年祭は夜がいいかも。
 ライトアップされています。(って実はまだ行ったことがないのです
 が!)

・「奈良ホテル
 のティーラウンジでお茶、クラシックで素敵です。正統派の洋食か
 奈良らしく茶粥か選べるモーニングも良いみたいですよ!上の画像は
 ティーラウンジのコースター!

・「近鉄奈良駅」
 を利用されるなら、「東向商店街」入って少し歩いて右手、地下に
 ある喫茶店「黄色いにんじん」でコーヒーを頼んでみてください。
 味うんぬんではなく、心に残ることでしょう…!



「ようこそおかり」というフレーズが宗教都市・天理には掲げられてい
ます。奈良は日本最古の都。日本人の心のふるさとかもしれません。
天理教徒ではありませんが、みなさんには「ようこそおかえり 奈良
へ!」と言いたい気持ちです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしのこと



平日はOL、休日は満喫派。
好きなものは手づくり市と珈琲。
時々音楽、常々ダジャレを口ずさみながら、旅するように街歩き。

KBK(カバ子) 奈良県在住 写真:春日大社の鹿みくじ(大吉で
した!)と共にブログ「洒落てるやん」に好きなモノ・コトを綴って
います。

「洒落てるやん」 http://syareteruyan.jugem.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良からの便りはいかがでしたか?街あるきの醍醐味の部分にとても
共感しました。図らずも触れられる事はとても嬉しい出来事ですよね!
その人の視線で伝えてくれる「地元」の事は、とても貴重なんだなと
思います。温もりが残ると言うか。故に誰かに伝えたくなると言うか。

洒落てるやん」のブログには奈良だけではなく、色々な場所の素敵が
沢山ありますので、是非ご覧になってみてくださいね。

次の便りもとても楽しみ!お待ちしております!お返事も書きますね!

コラム「奈良からの便り」

2010年08月29日 (日) 10:21 |


これまで、仙台の素敵をあつめてバトンタッチ形式で紹介してきましたが
新たに、お便りのようなコラムとして他の地域の情報も不定期的に掲載し
て行きたいなと思います。宜しくお願いします。

小さな街では、9月からanbienを舞台に「anbienで過ごす1年」が始まり
ます。その中の「9月の連休に向けて」という旅を楽しむ為のプログラム
で、ご協力いただきました奈良県在住のKBKさん。コラムの第一弾とし
て、彼女らしい視点で見た奈良や、旅先の素敵な情報を「奈良からの便り」
として掲載して行きたいと思います。



洒落てるやん」というブログを書いているKBKさん。このブログには、
地元の奈良を歩いているときや旅行先で見つけた気になるモノやお店な
どが「彼女らしい」視点で、可笑しく、可愛く書かれています。写真も
とてもキレイで、つい見入ってしまいます。今後、どういったお便りが
届くのか今からとても楽しみです!

9月の連休に向けて」の担当と併せて、最初の「奈良からの便り」も
届いております。来週には記事を掲載出来たらと思いますので、こちら
もお楽しみにしてくださいね。

心にやさしい味。 〜その11〜

2010年08月06日 (金) 08:26 |
あつめてみたらの「その11」のご紹介です!

前回は、JAM+ZAKKA 柚子香さんから「カフェ 理科室のオルガン」
さんをご紹介して頂きました。そしてバトンは、「雑貨・手紙洋品店
yutorico.
」の高橋さんへ回りました!今回ご紹介していただくオスス
メのお店は、「鯛焼家えにし」というお店です。鯛焼は今や色々な種
類の物が出ていて、白い鯛焼やカレー味?の物まで様々ありますね。
しかし!鯛焼と言えばやっぱりアンコ。本当に昔から親しまれていま
す。ユトリコさんを虜にする鯛焼ってどんなのだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鯛焼家えにしさんのこと



初めてえにしさんにいったのは、いつだったか。
冬の寒い日だったか、夏の暑い日だったか。
なんでか思い出すことができないのです。

だけど、
「アーケードを歩いていて、ふと香ばしい、おいしいにおいがした。」
その記憶だけははっきりと残っています。
その香りにつられるように、細い細い道を進んだ先にあったのがえにし
さんでした。



えにしさんのたい焼きは、今よく見るたい焼き屋さんのものとは違い、
一匹ずつの型 で丁寧に焼かれています。
たっぷりのあんこ、うすくてパリパリの皮。 とにかく、あんこがおいし
いのです。甘すぎず、とてもやさしい味。 たい焼きはあんこのみ。その
まっすぐさもとてもすきなのです。

心をこめて作られたものは、とても心にやさしいのです。
私はちょっと落ち込んだ時、疲れた時、頑張りたいとき…そういう時は
えにしさんに むかうのです。

…なにもなくても向かいますけれども。


=鯛焼家えにし=
宮城県仙台市青葉区中央1-8-31名掛丁センター街内 
TEL:022-265-0141
営業時間:11時〜20時
定休日:年中無休

※現在は鯛焼きの販売をお休みしており、お店の名前も「ankoya えに
し」として営業しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



路地でひっそり、のんびりと「雑貨・手紙用品店 yutorico.」
を営んでいます。 紙ものを作りつつ、手紙を楽しむあれこれを
ご紹介する日々です。

雑貨・手紙洋品店yutorico.
http://yutorico.sakura.ne.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

明るくて、気さくなSTATIONERY STATIONの駅長さん、仲嶋さん。
いつも元気をくれる仲嶋さんが紹介してくださる商品はどれも使い
やすくてすてきな ものばかり。

ひつじ屋room内の「STATIONERY STATION分室」やwebショップで
お買い物ができます。

STATIONERY STATION
HP http://www.k5.dion.ne.jp/~sta-sta/
blog http://blogs.dion.ne.jp/stationery_station/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第11回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
写真の鯛焼が本当に美味しそうですね!香ばしい香りと、ギッシリ詰ま
ったあんこが想像できます!食べ物に限らず、「香り」にはとても不思
議な力がありますね。懐かしさや、温度、空気感、季節を感じる事も出
来ます。嗅覚は五感の中で直接、脳に届くので記憶と密接な関係がある
のだそうです。あれ?香ばしい香りがしてきた?幻嗅?

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンは「STATIONERY STATION」の仲嶋さんへ回りました
ー。次回はどんなお店が紹介されるでしょうか!とても楽しみですね!

心の学校。 〜その10〜

2010年07月11日 (日) 10:54 |
あつめてみたらの「その10」のご紹介です!

前回は、木のしごと 樹々の齋藤さんから「 clochette 」さんをご紹介し
て頂きました。そしてバトンは、「JAM+ZAKKA 柚子香」の古賀さんへ
回りました!今回ご紹介していただく、オススメのお店は「カフェ 理科
室のオルガン」というお店です。増築工事も無事に完了されたそうです
ね。僕も何度か遊びに行かせて頂きましたが、素敵な外観内観と共に、
スタッフの方の気持ちのこもった接客が雰囲気を作る「優しいお店」と
いう印象。古賀さんのご紹介を見て、また遊びに行きたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カフェ 理科室のオルガンさんのこと



2009年9月にオープンした「カフェ理科室のオルガン」さん。
人づてに評判を聞いていて、ある日訪ねた一軒家の小さなカフェ。
その珍しい名前の由来を伺いました。
幼い頃、学校へ通うのが嫌いでした、と語るオーナーさん。
もちろん、「理科」も「音楽」も苦手。
そんな理由から、「カフェを心の学校にしたい」という想いで始め
られたそうです。



店内には、温かみのある古道具や「理科」と「音楽」にちなんだ
小物たちが、心地良く並ん でいます。
温故知新、そんな気持ちを想い起こさせるディスプレイです。
テーブルの上には、オーナーさんが摘んだ小さな草花。
心安らげる席が、いつもここには在ります。



懐かしさと、いつも変わらない美味しさの「復刻版チキンライス」。
素材の一つ一つに愛情を感じる、母の味。
丁寧に作られたチキンライスは、すっかり私の定番となりました。
 
帰り掛けに、テイクアウト用の「シナモンロールスコーン」を買うのも
楽しみ。お腹も心も満たされて、笑顔でカフェを後にするのでした。


カフェ理科室のオルガン

※現在は閉店しており、営業しておりません。予めご了承下さい。
この記事はアーカイブの意味も含め継続して掲載致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



兎と月と草花をこよなく愛するジャム屋。
硝子越しの色、果物の香りが好きでコトコト煮る日々。
お店を持たずに、委託販売とイベントを中心に活動中です。
 
JAM+ZAKKA 柚子香
電話 080-1833-4210

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

「雑貨・手紙洋品店 yutorico.」の店主、高橋智美さん。
私もお世話になっている、お気に入りのお店です。
紙もの作家でもある彼女の作品は、デザインセンスにいつも惚れ惚れ。
ゆったりとした空間に、気持ち良く並んでいる雑貨たち。
いつも時間を忘れて、つい長居をしてしまいます。
 
雑貨・手紙洋品店 yutorico.
http://yutorico.sakura.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第10回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
カフェを心の学校にしたい。そういう想いがあったのですね。古賀さん
はカフェ理科室のオルガンさんの話しをするときはいつも笑顔になるの
です。とても素敵な関係だなと思いました。

僕が店内で気になったのは古いオルガン。とても雰囲気があります。
今にも鳴りそうなそのオルガン。今は鳴る事はないそうですが、温かな
存在でお店に馴染んでいます。気持ちが良いんですね。先にも書きまし
たが、少しお店が広くなるそう。僕にとっても、もちろん皆さんに
とっても楽しみですよね。

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンは「雑貨・手紙洋品店 yutorico.」の店主、高橋さんへ
回りました!次回はどんな素敵な仙台が紹介されるでしょうか!とても
楽しみですね!

幸せの匂いがするお店。 〜その9〜

2010年06月01日 (火) 08:12 |
あつめてみたらの「その9」のご紹介です!

前回は、由利設計工房の由利さんから「 ista 」さんをご紹介して頂き
ました。そしてバトンは、「木のしごと 樹々」の齋藤さんへ回りまし
た!今回ご紹介していただく、オススメのお店は「 clochette(クロ
シェット)」というお店です。パンって本当に魅力的で、沢山の種類の
パンを見るとつい笑顔がこぼれてしまいます。齋藤さんを虜にしてしま
うclochetteさん、とても気になりますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

clochette さんのこと



「パン屋さんは幸せの匂い」
いつか友人が言っていた。

両親の住む北仙台に小さなパン屋さんがある。
それがclochetteさん。
2年前、息子を出産後、しばらく両親の家でお世話になっていた頃、
母はパン好きな私のためにclochetteさんのパンをいつも買ってきて
くれた。今では遊びに行く度に、母は私とすっかりパン好きになった
孫を連れてclochetteさんへ行く。それは私にとって楽しみなイベント。



店内は配置がよく考えられており、パンのバリエーションも豊富で、
ジャムや牛乳などの飲み物、クッキー、マドレーヌが並んでいる。
忘れてはいけない。「ふきながし」もあった。

棚においてあるパンを、今にもむんずとつかんでしまいそうな息子の
監視は母に任せて、ぐるぐるとパンを見回す。



コクのあるしっかりした角食
あっさり軽やかな山型パン
むっちりとしたベーグル
ほんのりと苦味を感じるくらいに香ばしく焼かれたクロワッサン
サンドにしたい天然酵母のシャンパーニュ
幼い頃にあこがれたふわふわの白いパン
噛み締めるたびに美味しいバケット
塩味のきいたオリーブがはいっているのはワインによく合うだろう
ああ、甘いクリームがのったシナモンロールも
いや、豆がたくさんはいったこちらも…

可笑しいくらい迷いながらひとつひとつトレーにのせる。

ある時、パンを食べながらぼんやりと考えた。
なぜ、いつもclochetteさんのパンを食べたくなるのかと。
そして、思った。
「素直」なんだと。「ほどよい」のだと。
素材に対するほどよい塩気、甘み、スパイス、大きさ。
たくさんの種類のパン。
そのどれもがほどよくて素直に美味しい。

次々に焼き上がるパン。
途切れなく訪れる人。

パンを手に、店を後にする人の顔には、ほんのりと柔らかい笑みが
浮かぶ。

その姿を見ていつも思う。

「パン屋さんは幸せの匂い」


clochette(クロシェット)
住所:仙台市青葉区昭和町3−38 金澤ビル1F
電話:022−276−0403
営業時間:7:30〜18:30(パンがなくなり次第終了)
休み:日・祝日・第3月曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのこと



使い手に寄り添うシンプルで美しい無垢の木の家具をお作りして
います。展示会やイベントでは、スプーンやボタン、お皿など、
木の小物をご紹介することもあります。

家具の作り手はサイトウヒデキ、HP更新や文章作成はサイトウアイ。

木のしごと 樹々
http://www.k5.dion.ne.jp/~ju-ju

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の方の紹介

ジャム屋「柚子香」を営む古賀さん。
柚子香さんの様々な種類のジャムを並べると、なんともきれいで、
つい飾っておきたくなります。そして、その優しい味わいにほっと
癒されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で第9回目となりました「あつめてみたら」はいかがでしたか?
樹々の齋藤さんが言う、「素直」で「ほどよい」という言葉。とても
印象的でした。「特別」ではなく「普段」のようなパン。とても暖かさ
と優しさが感じられますね。このようなパン屋さんがご近所の北仙台に
あったなんて!本当に、まだまだ知らない素敵なお店があるんです
ね〜。今度是非、伺ってみますね!教えて頂きありがとうございます!

気になった方は、是非一度遊びに行ってみてくださいね。

そして、バトンはジャム屋「柚子香」を営む古賀さんへ回りました!
次回はどんな素敵な仙台が紹介されるでしょうか!とても楽しみですね!
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.